強い男とは?すばり収入やセックスである

よく女性尾は
「強い男性が好き」
というものです。
これは「セックスが激しい」「筋肉マッチョ」という意味です。

そんなことを言うと

「本当の男の強さはそんなことじゃない」
という反論も多いでしょう。
でも、淡白なセックス
それどころか勃起不全のED野郎にそんなことは言われたくありません。
そんな男は仕事よりも趣味優先で、極端に言えば余り社会に役に立っていない男ばかりです。
そんな男ほどネコナデ声で女性にお願いばかりしています。
「ちょっとアレが欲しいからお金を貸して」
「デートは割り勘で!もちろんラブホ代も割り勘で」

まあ、ただのお付き合いならそれでもかまいませんが、その先に結婚という言葉がちらついるのなら話は別です。

家に帰ってきていきなり妻に「靴下を脱がせさせる」そんな男は最低と女性たちは言うでしょう。
でも、妻にそうさせるにはそれだけの稼ぎがあるからだと思います。
その家では立場が弱くても、他のママ友たちの中ではボス的な存在
それが夫の靴下を脱がせることをする理由でもあります。
まあ、これが稼ぎのない?出世の希望もない?spンな男の靴下なんか誰が脱がせるでしょうか。

弱い男は優しいさという言葉に逃げます。
女性たちも「あのひと、やさしいから好き」
そんなきれいごと行って結婚します。
でも、社会の現実はそんな優しさだけでは生きていけないのです。
あなたの惚れた男がどこかのお金持ちん二代目ボンボンならそれでもかmわない。
しかし、普通の家の男なら「優しさ」は結婚相手を選ぶことでは優先順位は引くお物だ。

人生何があるかわからないものです。
そんな逆境が襲ってきた時に「優しさ」だけの男にあなたを守れるだろうか?
それはお金のことかもしれない。
なにか病気におことかも知れない
そんな時にすぐにくじける男性は結婚相手として選ぶべきではないのです。
マイホームが欲しい
子供を留学させたい
そんな時に
弱い男なら
「お金がない」⇒「だから無理」
という論理になります。
強い男なら
@お金がない」⇒「よし、稼ごう」
となります。
この違いに気づいてください。
署名ドットコム 評判 感想

35歳くらいまでは趣味なんて捨てなさい

趣味が大好きな男は出世できない
そう断言するとたくさんの反論を食らいそうですが、少なくとも私の周りではそうなんです。
だから私は「趣味は定年後からでいい」と考えています。
もちろん人間 たまにはk分転換のリフレッシュも必要なのは理解しています。
しかし、多くの男性はそれを理由に趣味に逃げています。
野球好きの方は毎日ナイター観戦でテレビを観て、種に数回は休場にまで足をは混む
映画好きな人はどんなに忙しくても毎週新作映画に映画館で行くしmあげくにはVODで毎晩テレビで旧作映画を鑑賞している。
競馬好きなら週末の競馬予想を月曜日から始めている。
それが徐々に成功者と普通の男性との差を広げていおっているのだ。

私のmわりの成功者といえる人はみんな趣味がない。
シミといえば趣味だがすべて仕事になにかしら関係がある物ばかりだ。
ゴルフなんかチェン計的な例だ。
ゴルフが好きというよりも自分のネットワークづくりのためにゴルフをしているような方ばかりだ。
もちろんそのために高いレッスン料を払ってまでゴルフの腕前をあげるために涙ぐましい努力をしています。
でも、それはゴルフが好きで好きでたまらないから?という理由ではない。
一流の方はみんなゴルフがうまい。
そんな方たちと付き合うためには自h分もゴルフがうまくなくては困るからだ。

自分が尊敬している人や仲良くなりたい顧客がいればその方と同じ趣味を研究し、共通の話題を探る。
それは決して趣味とは呼べないものである。
誤解を招くかもしれないが多くの成功者は多趣味でもある。
それはどんな人とも話題の引き出しが存分にあり相手を退屈させないのだ。

もしあなたが自分をもうワンランクも2ランクもステップアップしたいと考えているのなら、25歳から35歳くらいまではすべての時間を仕事に捧げる覚悟は必要です。
厳に私おまわりの成功者はみんなそうである。
確かに青苧んでいる風に見えるのだが本当はそうではないのである。
その時代は特にオンとオフ、仕事とプライベートの線引きなど無いのである。
24時間365日遊んでいるし仕事もしている
そんな感じなのだ。
決して表面上の姿に惑わされてはいけない。
better相続 口コミ

心のアンテナをる音に敏感にしておこう

街を歩いていて
「あら、この赤い靴、なんとなく素敵だわ」
いつもなら絶対に興味を持たない物になにかインスピレーションを感じることはありませんか?
「このアクセサリー可愛い」
今までそんな小物なんて絶対つけなかったに思わず手に取っていませんか?
いつもなら絶対に気にもとめない物に興味を持ってしまった!
そんな物に出会ったら、それは何かのシグナルかもしれません。
「こんな靴、会社に履いていくのはちょっと無理ね」
「こんな子供みたいなアクセサリー いつ付けようかしら?」
そんなことが頭をよぎるかもしれませんが、できるおkとなら思い切って購入してみてください。
あなたのインスピレーションはきっとなにか、あなたが変わることへの予兆なのです。

気が付かなかったら無視しても構いません、
でも、気が付いてそれがどうも気になって仕方がない?なら必ずそれはあなたにとって必要なものなのです。
前例や今までの固定観念にとらわれてはいけません。

心のアンテナを信じるのです。

何か惹かれるものがあって、その赤い靴を購入したのかでしょう。
すぐに吐く機会はないかもしれません。
でも、いつかはいてみよう?
それはどんな状況かな?
素敵な彼氏にデートに誘われて、そこは素敵なレストランで・・・
どうですか?
妄想かもしれませんがそれも立派なイメージトレーニングです。
そうするとそれに見合う男性が目にとまるようになります。
今までそんな異性として全く意識してなかったのに?
不思議ですよね。

これは、自分から欲しがっていた物とは少し異なります。
自分が普段生活している中で、なにげなく目に留まり不思議なインスピレーションを得たものなんです。
それは「縁」というか「運」というか、いわゆる運命的なも出会いかもしれません。
自分の趣味じゃないのに?
今は必要じゃないのに?
その気になった物が不思議なことに「あなたに「勝手」「連れて帰って」といているような気がするのです。
それはきっとあなたに新たな「員の波」を呼び寄せるラッキーアイテムになる可能性が大きいのです。
自衛官 結婚したい

ブスは売れ残らないからブスであることを認めよう

昔から
「ブスは売れ残らないが中途半端な美人は売れ残る」
と言われています。
ていうか私が勝手にそう思っています。

男心を一番くすぐるのは美人で謙遜している女だ。
「私そんな美人じゃないから」
もちろんこれを本心から言っているおであれば最高だし、本心じゃなくてもある程度そんな気持ちがあるだけで十分だ:
その言葉は行動に現れてくる。

逆に
「私、美人だしみんなもそう思ってるし!」
そんな女性が一番扱いに困る。
もちろん跡津的に美人ならそれでもかまわない。
ただ、そう自覚しているほとんどの女性が「並みの上」
つまり中途半端な美人なのだ。

AKLB48の総選挙を見て男心を研究して欲しい。
美人な順に選んだのならあんな結果にはなりはしない。
「わたしはそんなにかわいくないし」
そうお自覚している娘ほど上位に選ばれているはずだ。
※少なくともわたしはそう思っている。
しして不人気なのが鼻持ちならないプライドの高いだけの美人だ。
「わつぁひはこんなに美人なのよ。
 だから、私に釣り合う男じゃなきゃダメ!」
そう言い続けて十数年
ずっと独身(後半は彼氏もいない)な女性をあなたのまわりにもひとりやふたりいるはずだ。
あわよくば婚約できても
「婚約指wのダイヤが小さい」
と毒づいているであろう。
そんな女性が幸せになれるわけがない。
なぜなら、美人は永久に美人ではないのだ。
外見上の美しさは年齢ともに朽ち果てていくのだ、
しかし、中お半端な美人はそれに気づかない。
以前ほど男性からアプローチされないことに
「どうしてなのか?」
はわからないうふりをしているのか、本当にわからないのか?
それは不明だがとにかく過去の栄光だけにしか頭の記憶にはないのだ。

【中途半端な美人】
「送ってくれないの?
 じゃあタクシーで帰るから二万円くらいちょうだい!」

【ブス】
「じゃあね、今夜はありがとう
 まだ電車があるから大丈夫よ」

少なくとも私は間違いなくブスな女の子を抱きしめるし、そんなことを言う女の子はもはやブスではない!
間違いなく
かわいい
のだ
多くの男性がそうであろうと思うがいかがだろうか?
ALG探偵社 評判

男も女も涙ぐましい努力に惹かれてしまう

今の時代の男性はえてして草食系
自分から奪い取りにいくにsく職系男子は少なくなってきているかもしれません。
理想の会社に就職できないのならニートやフリーターでもかまわない?
好きな女の子が現れたなら猛烈にアタックする?
そんな若者が少なくなってきました。
基本的には「ゆとり世代」といわれる
「がつがつするのは格好悪い」
仕事でも恋愛でもそんなハングリーさのかけらもない男性諸君に物足りなさを感じている女性も多いのではないだろうか。

■今のあなたの彼氏、努力している姿を見たことがありますか?

あなたに結婚を考えている彼氏がいるのなら
その彼氏が何かのことに努力している姿を言見たことがありますか?

仕事に対する努力
身体を鍛える努力
セックスに対する努力
ここでいう努力とは
努力 = 自分の苦手なことに費やす時間
っといえます。

自分の苦手なことを克服する?
それはそれは大変なことです。
地道な作業で努力している男性ほど「優秀」でけっしてその努力のことを自慢などしません。
あなたがもし努力している男性
あるいは何かの機会に努力している姿を見てしまった時にきっと胸の中に稲妻が走ってしまうかもしれません。
それくらい、努力している男は魅力的なのです。

実はこれは女性にも言えます。
自分の苦手なこと
料理
掃除
洗濯
などの家事
あるいは仕事だったり資格取得のための勉強だったり・・・
なにかの努力をしている姿を見た男性はキュンと胸が高鳴ってしまうのです。

自分の苦手なことを克服するために努力している男性ってすごく魅力的です。
自分の苦手なことを克服するために努力している女性もすごく魅力的です。
でも、これ見よがしに努力費sている姿を見せびらかそうとしてもたやすき見破られてしまいます。
実際には、陰でひそかにだれかの目に留まるのが隠れた努力なのです。
それを直接的なのか間接的なのかはわかりませんが、誰かの目に留まりそれが人づてに伝わるものなのです。

今のあなたは自分の苦手なことを克服するために何か努力をしていますか?
実家 解体 費用 兄弟