35歳くらいまでは趣味なんて捨てなさい

趣味が大好きな男は出世できない
そう断言するとたくさんの反論を食らいそうですが、少なくとも私の周りではそうなんです。
だから私は「趣味は定年後からでいい」と考えています。
もちろん人間 たまにはk分転換のリフレッシュも必要なのは理解しています。
しかし、多くの男性はそれを理由に趣味に逃げています。
野球好きの方は毎日ナイター観戦でテレビを観て、種に数回は休場にまで足をは混む
映画好きな人はどんなに忙しくても毎週新作映画に映画館で行くしmあげくにはVODで毎晩テレビで旧作映画を鑑賞している。
競馬好きなら週末の競馬予想を月曜日から始めている。
それが徐々に成功者と普通の男性との差を広げていおっているのだ。

私のmわりの成功者といえる人はみんな趣味がない。
シミといえば趣味だがすべて仕事になにかしら関係がある物ばかりだ。
ゴルフなんかチェン計的な例だ。
ゴルフが好きというよりも自分のネットワークづくりのためにゴルフをしているような方ばかりだ。
もちろんそのために高いレッスン料を払ってまでゴルフの腕前をあげるために涙ぐましい努力をしています。
でも、それはゴルフが好きで好きでたまらないから?という理由ではない。
一流の方はみんなゴルフがうまい。
そんな方たちと付き合うためには自h分もゴルフがうまくなくては困るからだ。

自分が尊敬している人や仲良くなりたい顧客がいればその方と同じ趣味を研究し、共通の話題を探る。
それは決して趣味とは呼べないものである。
誤解を招くかもしれないが多くの成功者は多趣味でもある。
それはどんな人とも話題の引き出しが存分にあり相手を退屈させないのだ。

もしあなたが自分をもうワンランクも2ランクもステップアップしたいと考えているのなら、25歳から35歳くらいまではすべての時間を仕事に捧げる覚悟は必要です。
厳に私おまわりの成功者はみんなそうである。
確かに青苧んでいる風に見えるのだが本当はそうではないのである。
その時代は特にオンとオフ、仕事とプライベートの線引きなど無いのである。
24時間365日遊んでいるし仕事もしている
そんな感じなのだ。
決して表面上の姿に惑わされてはいけない。
ラボット 高齢者 見守り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です